土地改良区って何?

 土地改良区の性格

土地改良区は、土地改良法により一定の地区内で土地改良事業行うことを目的として設立される法人、公共組合です。

土地改良区の設立及び解散は、知事の認可が必要です。

土地改良区以外は土地改良区という名称を使うことができません。

平成14年度から、土地改良区の愛称が「水土里ネット」になりました。
      「水」・・・農業用水、地域用水など
      「土」・・・土地、農地、土壌など
      「里」・・・農村空間
 農家や地域住民が一体となった生活空間など、豊かな自然環境、美しい景観を意味し、おいしい水、きれいな空気など清廉なイメージを表現しています。  

 土地改良区の組合員

土地改良区の成立と同時に土地改良区の定款と土地改良事業計画(維持管理計画)が定められ、その土地改良区の地区内の事業参加資格者は、すべて土地改良区の組合員になります。

土地改良区の設立に同意しなかった参加資格者、参加資格を有する私法人、国又は地方公共団体も組合員となり、国籍の限定がないので外国人も組合員になり得ます。

 事業は何ができるのか

土地改良区の事業は農業生産の基盤の整備を図り、農業生産の向上、農業総生産の増大、農業生産の選択的拡大及び農業構造の改善に資することを目的とします。

事業の内容は農地のほ場整備を実施したり、農業用の揚水機場や水路等さまざまな水利施設の維持や管理を行っています。

土地改良区の事業は農村地域における水と農地の管理主体としての役割を通じて地域の環境保全にも大いに寄与しています。

 土地改良区の運営方法

土地改良区はその地区内の組合員によって組織され、その組合員の組織する総代会において、組合員の意思が決定されています。その運営は組合員が選任した役員によって行われ、運営に要する経費は、組合員の負担により賄われます。